ホーム > ワタシの夢実現 > 機械科

機械科

多様な実習や国家資格取得に励みながら即戦力となるエンジニアを育て、就職率100%を目指します。




 

特色ある3タイプの補習

「就職補習」では、数学・国語を中心に基礎から応用へと学びを展開。3年生は過去問・面接練習も行います。「進学補習」では、3年次に文系・理系に分けて入試対策を実施します。「資格補習」では、資格を持った先生が国家資格・検定の補習を行います。

 

多様な資格の取得をサポート

第一種電気工事士や二級ボイラー技士といった難関国家資格など、目指す資格は30 種類。試験前には教員が対策補習を行って受験をサポートします。本校が、資格・検定試験会場に指定されていることも高い合格率につながっています。

 

実習に取り組む充実した学習内容

実践的学習の時間を多く設けて、即戦力となる技術を習得します。機械工作、原動機、電気基礎、自動車整備の専門学習分野をはじめ、旋盤、アーク溶接、自動車整備、エンジン、LED、鋳造、鍛造、建築、電気配線などの実習があります。

 

 

就職・進学の多様な進路に対応

生徒の多くは鉄鋼、自動車、電気分野の有名企業に就職していますが、「資格推薦制度」などを利用して九州産業大学や他の工業系大学へ進学することもできます。また、父母の会や同窓会の奨学生制度があります。さらに、3週間のオーストラリア短期英語研修への参加も可能です。