ホーム > インフォメーション > 修学旅行

修学旅行

 6月20日(火)から30日(金)にかけて、2学年が修学旅行へ行って参りました。本校では毎年沖縄にて文化と自然を体験し、平和学習を通して戦争の悲惨さと平和の尊さを学んでいます。出発前、沖縄は記録的大雨に見舞われ、旅行中の天候不良が心配されましたが、第1団の到着と同時に雨も上がり、沖縄らしい青空の下行程を進めることができました。
 前半はひめゆりの塔や平和祈念資料館を訪れ、千羽鶴の奉納や資料館での学習を行います。痛ましい戦争の記録が展示された資料館では、若くして戦争へ駆り出された同年代の若者に想いを馳せ、沖縄戦で亡くなられた全ての人々の氏名を刻んだ記念碑「平和の礎」を見学しました。修学旅行中の6月23日(金)は沖縄戦の組織的戦闘が終結したことにちなむ「慰霊の日」であり、沖縄戦全戦没者への追悼とともに世界の恒久の平和を誓い、黙祷を捧げました。
 後半はおきなわワールドやナゴパイナップルパークなどを訪問し、沖縄の伝統文化であるエイサーやハブのショーを観覧しました。エイサーショーでは、熱烈なアピールが実りシーサーの獅子舞に頭を噛まれる生徒もおり、幸運を手にしたと興奮していました。また、名護市のビーチにて海水浴も行い、青い空と透き通るような海を満喫しました。
 他にも、美ら海水族館や世界遺産である斎場御嶽の訪問、国際通りの散策など、沖縄の魅力を存分に味わう4泊5日の旅行となりました。
 生徒たちは沖縄の文化や歴史、自然とともに、級友との集団行動を通して多くを学び帰福しています。今後の学園生活の中で、思い出としてはもちろんですが、様々な場面でこの旅での学びを発揮してほしいと思います。
学校案内パンフレット|九州産業大学付属 九州産業高校 九州産業大学付属 | 九州産業高等学校 | クラブ活動|九州産業大学付属 九州産業高校 九州産業大学付属 | 九州産業高等学校 | 中学校の先生へ一日体験入学|九州産業大学付属 九州産業高校 九州産業大学付属 | 九州産業高等学校 |