年間行事2018年3月03日

卒業証書授与式が挙行されました

3月1日(木)多くの来賓の方々、保護者の皆様のご出席を賜り、平成29年度第55回卒業証書授与式を本校体育館にて挙行しました。

厳粛なる雰囲気の中、多くの生徒が思い出の学舎を巣立っていきました。校長式辞、理事長挨拶に続き、卒業生総代として前生徒会長である平島梨恵子さんが答辞を述べました。平島さんは答辞の中で、前生徒会のスローガンである「color」について「九州産業高校の生徒たちの個性がそれぞれの色を持って発揮され、この日を迎えることができたのではないか」と卒業生としての想いを述べ、在校生職員ともに非常に感慨深いシーンとなりました。

これからは卒業生それぞれが新しいステージで羽ばたくこととなります。それぞれ活躍の場は違えども、卓然自立たる九産生としての誇りを胸に、本校での三年間を人生の礎としてこれからも研鑽を積んでほしいと思います。

式終了後は、それぞれのクラスでホームルームが行われ、保護者の方が見守る中、各担任から餞の言葉が贈られました。本校の伝統である、職員室内での教科担当、クラブ顧問の先生を囲んでの談笑に、涙する卒業生の姿も多く見られました。

卒業生並びに保護者の皆様、誠におめでとうございます。今後のご健康とご活躍とお祈りいたします。

このページの先頭へもどる