年間行事2019年3月08日

全校朝礼を実施しました。

3月4日(月)、本年度最後の全校朝礼が行われました。

 まず、表彰式と壮行会が実施されました。表彰式では男子バレーボール部の松本喜輝(那珂川北中学校出身)が、先日参加したアジア大会において受賞した海外派遣優秀選手の表彰を受けました。壮行会では、3月15日~17日に香港で開催されます第3回アジアユース陸上競技選手権大会に、日本代表として参加する重谷大樹(三国中学校出身)が、「今回の貴重な経験を活かし、今後の国体などにつなげていきたい。」と全校生徒の前で意気込みを語りました。二人のように世界で戦う生徒が、本校全体に活気を与えてくれることを非常に嬉しく思います。

 全校朝礼では、校長先生が「4月には新入生が加わり、在校生の諸君にはリーダーシップが問われる。来年度を前向きに進むために、1年の締めくくりと反省をしましょう。」と話されました。
 その後、先日の新人弁論大会で最優秀賞を受賞した津村姫香(比良松中学校出身)が、全校生徒の前で大会と同じ弁論を披露しました。『未来に繋げる』という演題で、自身が災害を経験したことで感じた「今を生きること」の大切さを語りかけました。弁論を静聴する生徒たちも「今」について考える契機となったのではないでしょうか。

 今年度も残りわずかとなりました。生徒たちには、この期間を緩慢なものにするのではなく、新学期という未来に繋げるための、意義深いものにしてほしいと思います。

【松本 喜輝】

【重谷 大樹】

【津村 姫香】

このページの先頭へもどる