年間行事2020年10月05日

小説家 田丸雅智先生による「ショートショート書き方講座」が実施されました

9月26日(土)、本校にて田丸雅智先生による「超ショートショート講座」が実施されました。この講座は1時間程度かけてショートショートの書き方を学び、実際に生徒に小説を書いてもらうという講座でした。最後のまとめの時間では数人の生徒に作品の発表をやってもらいましたが、その完成度に教職員からは驚きの声が上がっていました。

またその内いくつかの作品を下記に紹介いたします。

 

『地球育成キット』

須海然

最近世間では地球育成キットが話題である。地球をそのまま縮小したもので、工場で生産されたものだ。植物や動物も暮らしていて、自分好みに地球を開拓したり、自然を楽しんだりすることができるのだ。ただ、昼夜や四季をつけるなど、手入れはとても大変だが、落とすと壊れて台無しになってしまうので注意が必要である。私も今から育成を始めるところだ。だがその時、大きな音とともに、私は何かに叩きつけられた。

 

『Apple先生』

りゅうおう

私の名はApple。生まれつき頭がリンゴだが、それを嘆いたことはない。今は、k高校で体育を教えているが、この頭のおかげで生徒からは大人気なのだ。体育の授業後には、必ず何人かの生徒が私の下へ駆け寄ってくる。片手に紙コップを持ってね。そう、私の汗が目的なのだ。なんせ、果汁100%のリンゴジュースだからね。しかし、こんな人気者の私にもある欠点があるのだ。それは、スーパーに行くとよく現れてしまう。「リンゴの在庫が多量にあるため、本日特売!!」許せぬ。殴りこみじゃ!!

 

『青いリップ』

つゆは

どっかにいっちゃった、あのリップクリーム。 夏も終わっちゃった、わたしの恋心だけを奪って。 梅雨がはじまったぐらい、スクールバッグをぶらさげたまま、駅前のドラッグストアに立ち寄った。初めてひとりで立った化粧品売り場。なにもかもが高価に見える。目の端に映ったのは青いパッケージのリップクリーム。 人気の女優の顔がでかでかと貼ってあるわけでもないし、ブランドでもないらしかった。ひとつ500円。なぜかパッケージの青が目に痛くて、惹かれて、買った。 透明だけど少しキラキラしてるリップクリーム。 学校にぴったりだ、私ももう華のJKだもんね。とか言っちゃって。誰のためにつけてんのか、今さらもう隠す気にもなれない。 歩いていたんだよな、目が痛くなるような青空の下。 となりには赤く染まったほっぺとくちびるのJK。 見つけてしまったんだよな、そんなふたりを。 握りしめていたはずなのに、どっかにいっちゃった、わたしのリップクリーム。

このページの先頭へもどる