部活2021年9月10日

全国大会に出場したテレビドキュメント作品について(放送部)

 先日、ホームページでお伝えしましたように、放送部が福岡県の代表校として7月に東京で開催された第68回NHK杯全国高校放送コンテスト(テレビドキュメント部門)に出場しました。この大会では本校の卒業アルバムの写真を半世紀以上撮り続ける専属カメラマンを取材し、番組にしております。このページよりテレビドキュメント作品『思い出を切り撮る』を視聴することができますので、どうぞご覧下さい。

 

作品紹介

 この『思い出を切り撮る』という作品は、様々なことが「あたりまえ」にできなくなったコロナ禍で、50年以上いつも変わらずに本校の生徒と向き合い続けたカメラマンに密着した作品です。

 新型コロナウイルス感染症の蔓延によって、高校生の日常を今までのように撮ることができなくなってしまった現実と向きいながらも、それでも卒業式の日に受け取る卒業アルバムを見た本校の生徒が少しでも笑顔になってほしいというカメラマンの強い思いを取材しながら感じました。今の3年生はもちろん、1,2年生にもぜひ見てもらいたい作品です。

 コロナの影響で学校に行くことができず部活動ができない日々も多くありました。取材もなかなか思うようにできない中で、多くの方に支えて頂いて完成させた作品です。「全国大会出場」という素晴らしい舞台を高校生活の最後に経験でき、本当に嬉しく思います。ありがとうございました。

香月来光(監督)

 

 

◇第68回NHK杯全国高校放送コンテスト(テレビドキュメント部門)出場

『思い出を切り撮る』

監督・ナレーション・編集:香月来光(3年準特進 太宰府西中出身)

編集:刀禰藍南(2年準特進 花畑中出身)

[令和3年7月10日(土) 準々決勝]

サムネイル
このページの先頭へもどる