年間行事2022年7月06日

全校朝礼を行いました。

 7月4日(月)、全校朝礼並びに壮行会が実施されました。

 まず、校長先生より「様々な制約の中で、自分たちにできることを模索し、クラブ活動や学習に取り組んでいると思いますが、引き続き感染対策や体調管理を怠ることなく、各々が胸に秘めている目標に向かい、力を身に付けていってほしい。」と話されました。

 その後、今月より迎えた留学生の紹介がされました。はじめに、フィリピン出身のLeica(ライカ)さんが「私は日本の文化や慣習を学びたいと思っています。とても緊張していますが、よろしくお願いします。」と話し、続いてタイ出身のSilk(シルク)さんが「皆さんとたくさん話したいので、声をかけてくれると嬉しいです。」と日本語で生徒たちに向けた挨拶をしました。留学生の二人には、学校生活の中で多くの生徒や教員と関わりながら、色々なことにチャレンジし、充実した毎日を送ってほしいと思います。

 また、生徒会長の武井優羽さん(諏訪中学校出身)からも挨拶があり、「校則の改変に向けて、生活態度や服装に注意して過ごしましょう。そして、夏休みも学校内外で九産生としての自覚を持って、メリハリのある生活を心がけてください。」と全校生徒に訴えかけました。

 全校朝礼後、壮行会が行われ、来月に行われる全国大会に出場する弓道部、陸上競技部、和太鼓部、将棋部を代表して、和太鼓部部長の松尾桃花さん(三国中学校出身)が「全国の舞台では、これまで積み重ねてきた練習の成果を力強く発揮し、最高の結果を報告できるように頑張りますので、応援をお願いします。」と堂々と話しました。大きな舞台に挑戦する生徒たちには、培ってきたものを遺憾なく披露し、思う存分躍動してほしいと思います。

このページの先頭へもどる